step2ハピタスを知ろう

【他サイトの有効期限も解説!】ハピタスのポイント有効期限は?

使いやすいポイントサイトとしてトップクラスの人気がある「ハピタス」。

ポイ活の場として、主婦やサラリーマンにも支持されているポイントサイトです。

ただしポイントはお金のように使えますが、交換期限があるのは忘れてはいけません。

では、ハピタスのポイント交換期限はどうなっているのでしょうか?

そこで今回はハピタスのポイント交換期限や他ポイントサイトとのポイント交換期限についての比較、さらにはハピタスでポイントが交換期限にならないようにするコツもご紹介していきます。

「ハピタスのポイント交換期限を知りたい」という方だけでなく、「ハピタスのポイントを失効させないためにはどうしたらよいか知りたい」という方はぜひご覧ください。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ハピタスのポイント有効期限はいつまでか

ハピタスの交換期限はいつまででしょうか?

結論から言いますと、ハピタスのポイントに有効期限はありません。

ただし一つ注意点があります。

それは「ログインしないで1年以上経過すると、ポイントごとアカウントが失効してしまう」ことです。

ですからメインではなくサブのポイントサイトとしてハピタスを使っている場合は、「しばらく使わない」と思ってログインしない期間が1年以上続いた場合、ポイントごとアカウントが失効してしまいます。

サブ用途でハピタスを使っている方は、いちおうポイント失効条件に注意しておきましょう。

他ポイントサイトの有効危険は?

ハピタスでポイント失効する条件は、ログインしないで1年以上経過した場合ですが、他ポイントサイトではどうなっているのでしょうか?

ここでは各代表的ポイントサイトの有効期限を、ハピタスと比較していきます。

  • モッピー
  • ポイントインカム
  • ECナビ
  • げん玉
  • ポイントタウン
  • げっとま

モッピー

「モッピー」でポイント失効する期間は、6か月以上ポイント獲得していない場合です。

6ヶ月というのは正直長い期間ではなく、サブでモッピーを使っている場合あっという間に経過してしまう可能性もあります。

しかもポイントだけでなくアカウントも失効してしまうので、モッピーでのポイント失効は非常に危険です。

モッピーでポイントを貯める場合は、ポイント失効に十分注意しておきましょう。

ポイントインカム

「ポイントインカム」でもモッピーと同じで、6か月以上ポイント獲得していない場合アカウントごとポイントが失効します。

アカウントごと失効はリスクが高いので、ポイントインカムを利用する場合は日ごろからポイント獲得するくせをつけましょう。

ECナビ

「ECナビ」は少し特殊で、ポイント獲得から1年経過後、3か月後に古いポイントから少しずつ失効していきます。

ポイント延長ができないので、早めに「PeX」など提携サービスへポイントを交換しておいた方がベターです。

げん玉

「げん玉」では、ポイント獲得などのアクションが6か月以上ないと、ポイントが失効します。

ポイントインカムと似ています。

ポイントタウン

「ポイントタウン」では最後にポイントを獲得して1年経過すると、ポイントが失効します。

アカウントごと失効はしないので、モッピーやポイントインカムよりリスクは小さいです。

げっとま

「げっとま」では、最後のポイント獲得後6か月経過するとポイントが失効します。

ポイントタウンの期限が短いバージョンととらえれば分かりやすいのではないでしょうか。

総合的に各ポイントサイトとハピタスを比較すると

  • ハピタス以外の代表ポイントサイトは、長期間ポイント獲得しないと基本ポイント失効に
  • ハピタスの1年と違って、6か月で失効を迎えるポイントサイトも多い

という結論になります。

つまり、ハピタスは万が一ポイントが失効する危険性があっても、1年以内にログインすれば失効期限が延長される優しいポイントサイトと言えます。

ハピタスをもっと詳しく知るにはこちら

ハピタスのポイントを期限切れにしないコツ

ハピタスでポイント失効期限を迎える危険性は少ないですが、万が一に備えて対策方法をお吠えておくと安心です。

と言っても対策方法は至ってシンプルで、「ログインするくせをつけること」、この1点に限ります。

ハピタスにログインするくせをつけるには、日ごろから利用したいと思うコンテンツを見つけるのが重要です。

例えば「毎日のようにネットショッピングをする」という方は、ハピタス内の「ヤフーショッピング」や「楽天市場」などのネットショッピング案件をハピタスで利用するくせをつけましょう。

また「ハピタスでゲーム感覚でポイントを貯めたい」という方は、「ハピタス宝くじ」を利用するのがおすすめです。

ハピタス宝くじは、ハピタスの広告案件を利用すると貯まる宝くじを消費して、ポイントが抽選で当てるコンテンツです。

ハピタス宝くじをプレイするくせをつければ、ハピタスでポイントが失効する危険性は回避できます。

まとめ

今回はハピタスのポイントの有効期限を、他ポイントサイトと比較しながらご紹介してきました。

ポイントは次の4つです。

  1. ハピタスポイントの有効期限は、アカウント失効も含めてログインが1年以上なかった場合
  2. 他ポイントサイトでは、ポイント獲得から6か月経過すると失効するところも多い
  3. またポイント獲得というアクションが必要なところも多いため、ログインだけで期限延長ができるハピタスは良心的
  4. ハピタスでポイント失効しないためには、日ごろからログインするくせをつけておくと安心

ログインだけでポイント失効の延長ができるハピタスは、ユーザーに優しいポイントサイトです。

ただしハピタスに1年近くログインしない状況を作るのは、好ましくありません。

ぜひ積極的にハピタスを使って、どんどんポイントを貯めてお得をしてしまいましょう。

ハピタスをもっと詳しく知るにはこちら

記事一覧はこちら

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
ハピタスの教科書
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ポイ活初心者はハピタスに登録した方が良い6つの理由

ポイントサイトハピタスに登録しておいた方がいい理由、それをお伝えします。

理由1.最低ポイント付与は1ポイント

1ポイント1円のわかりやすいポイントサイトでもゲームや動画視聴などの案件によっては0.1ポイント付与だったり

しかしハピタスは最低付与も1ポイントからなのでわかりやすい。

理由2.新規入会ポイントがもらえる

実際に入会したら登録特典として30ポイントすぐにもらえる。

さらに初回アンケートに答えてポイントが貰える。

理由3.モニター案件も始まりました

買い物のポイントバック案件も充実していますがモニター案件も多い。ポイントサイトによってはモニター案件は他のサービス経由でめんどうだったりしますが、ハピタスは直接ハピタスのページから申し込めます。飲食店、脱毛サロン、接骨院が多いです。

飲食店はかっぱ寿司、備長扇屋、竹取御殿などチェーン店でメジャーなお店も店舗ごとにあったりします。そしてびっくりしたのはかっぱ寿司の還元率100%でした。
写真添付が条件ですが上限1000ポイントまで戻ってきます。気になっている方はこれを気に行ってみましょう。

モニター案件はキーワード、都道府県、エリア、カテゴリ、ジャンルで検索可能、さらに当たりやすい順や謝礼(%、金額)で並び替えもできます。

ただし抽選なので当たらなければモニターができずにポイントバックされませんので注意が必要です。当選はすぐにわかります。

当選確定後4日以内にお店に行きアンケートやレシート、納品書などを提出すれば謝礼ポイントが受け取れます。飲食料金の還元率はお店によります。
最大で200%のところもありますが上限が決まっているので注意が必要です。

理由4.買い物や会員登録案件ももちろん充実

ふだんの買い物やサービスをハピタス経由で購入すればポイントが貯まるのはいうまでもありませんが案件がカテゴリーごとに整理されていてわかりやすい。

自分の使いたいサービスがハピタスにあるかどうかも検索できます。
ただしポイント還元率は同じサービスでも他のポイントサイトと違うことがありますので見比べてもいいかもしれません。

自分の使うサービスを市場ポイント還元率が高い方法で使う方法を研究するのも面白いです。

当サイトではポイントが最大12.5倍貯まるハピタス経由のロハコ購入もまとめていますのでぜひチェックしてください。

理由5.怪しいサイトに飛ぶ広告がない

他のポイントサイトによくある商品が当たったと別サイトに誘導するあやしいサイトに飛ぶ広告がハピタスには出ませんでした。
PC、スマホ両方でログインして試しましたがどちらもでませんでした。

理由6.お買い物あんしん保障制度が利用できる

ポイントサイトでありがちなネットショッピングなどのポイントが反映されないときに、ハピタスがそのポイントを保証して付与してくれる制度。
ほかにもいくつかポイントサイトを見ましたがこの制度を利用しているポイントサイトはここだけ。

いろいろなポイントサイトがありますが、お買い物あんしん保証制度があり、怪しい広告がなく1ポイントが最低単価のポイントサイトはここだけでした。

アンケートで簡単にポイントがもらえる案件は少ないですが安心、安全、確実にポイントが貯められる、それがハピタスです。

ハピタスへの登録詳細ページ

step1ハピタスとは

step2ハピタスを知ろう

step3ハピタスを活用しよう

step4もっとハピタスを活用しよう

step5ポイントを交換しよう

番外編

記事一覧はこちら