step5貯まったポイントを使おう

ポイントサイト“ハピタス”のポイントをドットマネーに交換しよう

みなさんはドットマネーってご存知ですか?

ドットマネーとはAmebaが運営する国内最大級のポイントプラットフォームです。

有名なポイントサイトのほとんどはこのドットマネーに交換することができ、ドットマネーは1マネー=1円で現金やギフト券、電子マネーなど様々なものに交換可能です。

これらの交換先はハピタスから直接交換できるものも多いですが、時と場合によってはドットマネーを経由して交換したほうがいいケースもあります。

ドットマネーの特徴やハピタスとの関係性などを全体的に把握したうえでドットマネーをうまく活用していきましょう。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ドットマネーとは

ドットマネーはAmebaピグやアメブロ運営で有名な、株式会社サイバーエージェントが運営しているポイントサイトになります。

小規模な会社で運営しているポイントサイトが多い中、圧倒的な大きさの運営会社になっています。

別事業の会員数を合わせれば1000万人以上で交換先も豊富ということで、誰でも安心安全で便利に利用できます。

ドットマネーの利点

でも実際似たようなポイントサイトにポイントを移してどのような利点があるの?そう思う方もいると思います。

交換レートは業界トップ

運営元のAmebaコインは2倍、iTunesギフトコードは+2%、Amazonギフト券は+1%お得に交換できます。

しかも2019年7月7日までAmebaコインが3倍になるキャンペーンも開催しています。

ですから、各ポイントサイトから直接交換するより、一度ドットマネーに変えることによってお得に交換できる場合があります。

圧倒的な量の提携先と交換先

提携先はサイト内で「主な提携先」として載っているだけでも約60以上あります。

交換先としてはギフト券、電子マネーは有名どころはほぼ網羅しており、現金は全国の銀行に対応しているので、ストレスなくスムーズに交換できます。

中でもハピタスの交換先に無い、JALマイルやTポイントに交換出来るのは大きいです。
ハピタスポイントをドットマネーに交換すれば本来ハピタスポイントを交換出来ない、ポイント、電子マネーに交換する事が出来るようになるわけです。

様々なポイントをドットマネーに集約

交換手数料完全無料

ドットマネーのもうひとつの利点として交換手数料が無料だという事です。

電子マネーやギフト券への交換手数料を無料としているポイントサイトは多いのでこの辺りはそこまでの利点とは言えませんが

殆どのポイントサイトで手数料がかかる銀行振り込みも手数料無料となっているのは見逃せません。

換金や交換に手数料がかかるポイントサイトであれば、一旦ドットマネーに交換して手数料を無料にすることが出来ます。

ただハピタスもドットマネーと同様に手数料が完全無料になっていますので、手数料を無料にする為にわざわざハピタスから交換する必要はありません。

ドットマネーの注意点

上記を見て貰った通りドットマネーは非常に使い勝手の良いサイトになります。

ハピタスにはポイント交換の上限がある以上、毎月使い道が決まっていなくても交換していかないと損となってしまいます。

そんな時にドットマネーの存在は非常に助かるわけです。

ですが、そんなドットマネーにも注意するべき点がいくつかあります。

有効期限に注意

ドットマネーには有効期限があり、期限が過ぎると失効してしまい、一度失効してしまったポイントは戻ってきません。

ポイントの有効期限はログインすると確認できますので、失効しないようにしっかりと管理しましょう。

忘れてしまうのが怖いという方は提携先→ドットマネー→交換先という工程を一連の流れで行うようにし、ドットマネー内にポイントを留保しないようにしましょう。

最低交換ポイントに注意

ハピタスや他のポイントサイトと同じようにドットマネーにも交換時には最低交換ポイントというのが存在します。

各交換先の最低交換額以上でないと交換できないので注意が必要です。例えば現金への換金であれば、最低1000円以上、銀行によっては2000円以上必要のところもあります。

ですから、あらかじめ提携先からドットマネーに交換する際に各交換先の最低交換額を確認しておくのがいいでしょう。

ただし、最低交換額以上であれば、大抵は1ポイント単位で交換できるので、手持ちのポイントをキレイに交換することもでき、そういった点は便利です。

自サイトからでもポイントを貯められる

提携先からの交換だけでなく、ハピタスと同じようにショッピングやアンケートといった方法でサイト内でポイントを貯めることもできます。

ハピタスでのドットマネーの活用の仕方

ハピタスポイント実際にドットマネーに交換する時の活用方法を簡単にですが解説します。

一か月の交換限度額を超えた時に活用

ハピタスでは、現金への換金やAmazonギフト券、App Store & iTunes コードへの交換などに対しては一か月の交換限度額がそれぞれ30000ポイントまでと決められています。

ですから例えばハピタスポイントを現金に換金したい時、ハピタス→3万円とハピタス→ドットマネー→3万円、という風にすれば、あわせて6万円分を換金することができます。

まだハピタスを始めて間もない頃は月の限度額なんて気にする必要はありませんが、高額案件を何件もこなしていると、通常の現金への交換だけではポイントが余ってしまう、なんてことが起こりえます。

その際にはドットマネーをうまく活用して、短期間でより多くのポイントを交換していきましょう。

他サイトのポイントを合算して交換

ハピタス以外のポイントサイトを複数利用している方もいると思います。

1サイトごとのポイントが少なくて中々最低交換ポイントまで貯まらないこともあるでしょう。

その際はドットマネーでポイントを合算して一括で交換しちゃいましょう。どういうことか、次の例で解説したいと思います。

ポイントサイトA

  • 現在300p
  • 現金への換金→500p~
  • ドットマネー→300p~

ハピタス

  • 現在700p

このような状況で、ポイントサイトAのポイントを何とか現金化したい場合。

直接現金への換金は最低交換額に達していないためできないので、一旦ドットマネーに換金します。サイトAの300p→300マネーになりました。

しかし、ドットマネーの現金への最低交換額は1000マネー~なので、まだ換金は出来ません。そこで、ハピタスの700p→700マネーに交換します。

すると2つのサイトのポイントが合算され、1000マネー→1000円に換金できました。

このように、一つのサイトでは換金できなかったポイントをドットマネーに合算することによって、換金可能にすることもできるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?わざわざハピタスのポイントをドットマネーに交換する利点が分かったでしょうか?

ポイントとしては以下の4つになります。

  1. ドットマネーの運営会社はサイバーエージェントでポイントサイトの運営会社としては最大。
  2. ドットマネーにはハピタスには無い交換先が複数ある。
  3. ハピタスも含め複数のポイントをドットマネーに集約する事が出来る。
  4. ドットマネーのポイント有効期限は半年なので注意が必要。

ハピタスでメインとなる交換先が月の交換限度額に達してしまった場合や、他サイトで眠っている小さなポイントを換金したい時にドットマネーは役に立ちます。

他にもドットマネーでは随時様々なお得なキャンペーンなども行っているので、定期的にチェックし、ハピタスと連携させてうまく活用していきましょう。

ハピタスをもっと詳しく知るにはこちら
前のページ次のページ

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
ハピタスの教科書

step1ハピタスとは

step2ハピタスを知ろう

step3ハピタスを活用しよう

step4もっとハピタスを活用しよう

step5ポイントを交換しよう

番外編

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ポイ活初心者はハピタスに登録した方が良い6つの理由

ポイントサイトハピタスに登録しておいた方がいい理由、それをお伝えします。

理由1.最低ポイント付与は1ポイント

1ポイント1円のわかりやすいポイントサイトでもゲームや動画視聴などの案件によっては0.1ポイント付与だったり

しかしハピタスは最低付与も1ポイントからなのでわかりやすい。

理由2.新規入会ポイントがもらえる

実際に入会したら登録特典として30ポイントすぐにもらえる。

さらに初回アンケートに答えてポイントが貰える。

理由3.モニター案件も始まりました

買い物のポイントバック案件も充実していますがモニター案件も多い。ポイントサイトによってはモニター案件は他のサービス経由でめんどうだったりしますが、ハピタスは直接ハピタスのページから申し込めます。飲食店、脱毛サロン、接骨院が多いです。

飲食店はかっぱ寿司、備長扇屋、竹取御殿などチェーン店でメジャーなお店も店舗ごとにあったりします。そしてびっくりしたのはかっぱ寿司の還元率100%でした。
写真添付が条件ですが上限1000ポイントまで戻ってきます。気になっている方はこれを気に行ってみましょう。

モニター案件はキーワード、都道府県、エリア、カテゴリ、ジャンルで検索可能、さらに当たりやすい順や謝礼(%、金額)で並び替えもできます。

ただし抽選なので当たらなければモニターができずにポイントバックされませんので注意が必要です。当選はすぐにわかります。

当選確定後4日以内にお店に行きアンケートやレシート、納品書などを提出すれば謝礼ポイントが受け取れます。飲食料金の還元率はお店によります。
最大で200%のところもありますが上限が決まっているので注意が必要です。

理由4.買い物や会員登録案件ももちろん充実

ふだんの買い物やサービスをハピタス経由で購入すればポイントが貯まるのはいうまでもありませんが案件がカテゴリーごとに整理されていてわかりやすい。

自分の使いたいサービスがハピタスにあるかどうかも検索できます。
ただしポイント還元率は同じサービスでも他のポイントサイトと違うことがありますので見比べてもいいかもしれません。

自分の使うサービスを市場ポイント還元率が高い方法で使う方法を研究するのも面白いです。

当サイトではポイントが最大12.5倍貯まるハピタス経由のロハコ購入もまとめていますのでぜひチェックしてください。

理由5.怪しいサイトに飛ぶ広告がない

他のポイントサイトによくある商品が当たったと別サイトに誘導するあやしいサイトに飛ぶ広告がハピタスには出ませんでした。
PC、スマホ両方でログインして試しましたがどちらもでませんでした。

理由6.お買い物あんしん保障制度が利用できる

ポイントサイトでありがちなネットショッピングなどのポイントが反映されないときに、ハピタスがそのポイントを保証して付与してくれる制度。
ほかにもいくつかポイントサイトを見ましたがこの制度を利用しているポイントサイトはここだけ。

いろいろなポイントサイトがありますが、お買い物あんしん保証制度があり、怪しい広告がなく1ポイントが最低単価のポイントサイトはここだけでした。

アンケートで簡単にポイントがもらえる案件は少ないですが安心、安全、確実にポイントが貯められる、それがハピタスです。

ハピタスへの登録詳細ページ