ポイントサイト“ハピタス”を経由してクレジットカードを発行で大量ポイントをゲット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ハピタスにはアンケートに答えたり、日常のネットショッピングなどでコツコツと貯めていく方法もありますが、1案件で数千~数万ポイント獲得できるものもあります。

一気にたくさんのポイントを得るためには、このような高額案件を積極的にやっていく必要があります。

今回お伝えする「クレジットカード発行」はその高額案件のひとつです。ぜひチャレンジして大量ポイント獲得を狙いましょう!

 

ポイントサイト“ハピタス”を経由して貰えるポイントのカード会社のビジネスモデルと大量ポイントのからくり

そもそも、なぜカードを作るだけで大量ポイントがもらえるのか?

ただ発行するだけで数千ポイントもらえる。知らない人からすると、何だかちょっと怪しいくらいですよね。

そもそもカード会社は、そんなことをしてどうやって利益を得ているのでしょうか?

まずは、カード会社の儲けの仕組みについてお話していきます。

 

1、利用者の年会費で儲ける。

まず、クレジットカードには大きく分けて、年会費が有料のものと無料のものがあります。

カード会社の目線になって考えていきます。仮にカード会社が、年会費3000円のカードの入会特典に2000円分のポイントを付けたとしましょう。

この場合カード会社はただ発行してもらえるだけで1000円儲かる計算になりますよね。

加入者がもしも翌年も継続してもらえると、さらに利益は増えます。

こうやって年会費をとることによって、初めに与えたポイント分を回収している場合が結構あります。

 

2、利用者の金利手数料で儲ける

 

私たちがお店でカードで支払いする場合、大抵の場合店員さんに「お支払い方法はいかがなさいますか?」と聞かれますよね。

カードを持ってない人でもその場面を見聞きしたことはあると思います。
カードの支払い方法には大きく分けて、一括払い、分割払い、リボ払い、というのがあります。一括払いの場合、利用者に負担はありませんが、分割払い・リボ払いをすると、金利手数料をカード会社に支払わなくてはなりません。

簡単にいうとお金を借りているのと同じことですからね。

この金利がカード会社の儲けになります。リボ払いとは使用額にかかわらず、毎月の支払いを一定額にする支払い方法ですが、これはカード会社の中でもが特に利益がでる仕組みになっています。

最近はリボ払いを勧める広告もかなり目立ちますね。

 

3、利用者のキャッシング金利で儲ける。

カードにはショッピング枠と別にキャッシング枠というのがあって、枠の範囲内なら自由にお金を借りることができます。

これにも当然ながら利息が発生するので、キャッシング金利もカード会社の大きな収入源になります。

 

4、加盟店からの手数料で儲ける。

私たちがお店でカードを使って支払いすると、そのお店は加盟手数料というものをカード会社に支払わなくてはなりません。

これは一般的には数パーセントとされていますが、お店によってまちまちのようです。利用者だけでなく加盟店からもしっかりと利益を得ているわけです。

このようにカード会社は、様々な方法で収益を上げています。

だからこそ、入会時にたくさんポイントを与えてでもカードを発行してもらいたいわけです。

ですから私たちは堂々とカードを作って、がっぽりとポイントをもらっちゃいましょう!

 

ポイントサイト“ハピタス”経由でカード発行にあたっての注意すべきこと

大量ポイントのからくりがわかったところで、さっそく作っていきたいところですが、その際に注意しなければいけない点がいくつかあります。

ひとつずつ確認していきましょう。

 

一度に大量に作らない

どんなクレジットカードにも発行する際には所定の審査があります。

審査の基準は現在の職業、年収などや過去の他のカードの利用状況などいろいろありますが、「一定期間の大量発行」も審査の対象の一つとしてなりうる場合があります。

短期間で大量にカードを作ってしまうと、不審な人物としてみなされ、審査に落ちてしまうこともあるのです。

ですから将来的にたくさん持ちたい場合でも、月1枚ずつにしたり、2、3枚作って2、3か月空ける、など計画的にやりましょう。

常識の範囲内でやれば、何も問題はありません。

 

獲得条件をしっかり読む

発行するクレジットカードよってそれぞれポイント獲得の条件があります。
まず確認する必要があるのが、発行のみで獲得なのか、発行+利用で獲得なのか、です。
発行+利用の場合は、例えば翌月までに1万円以上利用が必要など、カードの種類によって様々です。

特に獲得ポイントが高い案件ほど、条件が細かく設定されている場合が多いです。必ず案件の右側にある詳細を確認するボタンから、ポイント獲得条件をしっかりと確認してください。

ポイントを獲得できるかどうかの肝なので、カード発行において最も時間をかけるべきところです。

 

年会費が有料なのか無料なのか

せっかくポイントをゲットできたのに年会費を払ったら赤字になった、では本末転倒ですよね。

年会費は無料なのかあらかじめしっかりと確認しておきましょう。

特に気を付けたのは、初年度だけ無料で2年目以降は有料だったり、一定額の利用があれば無料など、条件付き無料だったりするカードも多いので要注意です。

 

リボ払い専用のカードがある

最近はリボ払いしかできないリボ払い専用カードも増えてきています。

知らずに使ってしまい金利がかかって最悪、なんてことにもなりかねません。

獲得ポイントだけでなく、カード自体の特性もしっかりと把握してから発行しましょう。

 

すぐに解約しない

ポイントの獲得にはカード受け取りから平均で30~60日程度かかります。

カードを使わない場合でもこの期間に解約するのはやめましょう。

あまり発行と解約を繰り返すのも信用情報的にもよくありません。というより、年会費永年無料の場合は、今使わないなら自宅で保管しておくのがいいと思います。

解約するのも手間ですし、いつか必要な時が来るかもしれませんしね。また、今作れたからと言って今後も作れるとは限らないので、基本的に一度発行できたカードは大切にするのがいいでしょう。

 

ハピタス経由でポイントを獲得する為のクレジットカードの選び方

次は、“カードの選び方”について話していきたいと思います。

今現在ハピタスには176件のクレジットカード案件があります(件数は日々変動します)。

先ほど注意点でお話ししたように一定期間で作れる枚数は限られています。

ではその中でどう選んでいけばいいのか?以下の二つの場合でどちらに当てはまるかで考えていきます。

 

〇ポイント獲得目的のみの人

ただポイントを得るためだけにカードを作る方は以下の基準を参考にすると選びやすいでしょう。

 

・年会費無料は必須条件

ポイント目的の場合、当然ですが年会費無料は必須条件です。絶対に1年以内に解約するのであれば初年度無料のカードもありですが、できれば永年無料のカードが無難です。
また上級編として、年会費 < 獲得ポイント の場合にその差額分で儲ける、というやり方もありますが、初めての方は手を出さないほうがいいでしょう。

 

・「みんなdeポイント」を狙う

みんなdeポイントとは、期間や人数限定で、普段よりも大幅に獲得ポイントがUPするというものです。タイムセールみたいな感じですね。
ハピタスのトップページから少し下にいくとみんなdeポイント出てきますので、そこから一覧が確認できます。その中からクレジットカード案件を探して条件があえば発行しましょう。
普段の何十倍のポイントが付いてたりするのもざらですので、ここでゲットできればかなりおいしいです。ただ残り時間や参加可能人数に達してしまうとそこで終了ですので、最優先で確認しましょう。

 

・獲得ポイントの高い順に確認する

より多くのポイントを獲得するためにはポイントの高いものから見ていくのが効率がいいです。

検索するときの並び順を「獲得ポイントの多い順」にします。

それを上から順番に確認していきましょう。あらかじめ自分で下限を設定してそれ以下は発行しないと決めておくと、それ以降の低いポイントのカードは全て確認しなくて済みます。

 

〇ポイント+実際に利用していく予定の人

ポイントを得てカードも利用していきたい場合はその用途に合ったカードを選びましょう。

 

・気になるカードがあれば検索

すでに日頃のCMや広告などで気になっていたカードがあれば、それがハピタスにないか、直接カード名を打ち込んで検索するのが早いです。

 

・何に多く使うのかを考える

ハピタスのポイントとは別に、楽天カードなら楽天ポイント、ファミマカードならTポイント、ドコモのdカードならdポイントなど、クレジットカードにはそれぞれ独自のポイントが存在します。

自分が何をよく利用するかによってカードを選んでいくと、今後カードのポイント貯める上でもお得になります。

ですから、年会費有料カードでも、自分自身がお得と感じたのならOKということになりますね。

 

 

まとめ

いかかだったでしょうか?クレジットカード発行においては、大量ポイントの仕組みを知り、注意点を理解した上で、自分に合ったカードを選ぶ、ということが大切なのです。
カードを選ぶまではしっかり吟味する必要がありますが、発行の手続きだけなら10分~20分程度でできますし難しくありません。

うまくやれば、クレジットカード案件だけで数万ポイント獲得も夢じゃありませんよ!

まだやったことのない方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。