2017年 7月 の投稿一覧

ポイントサイトは危険?詐欺サイトを見分ける5つのコツ

 

 

「ポイントサイトでお小遣いゲット!」といった話はよく見聞きするものです。それゆえに、ポイントサイトへ興味を持っているという方も多いでしょう。

ただ、ポイントサイトと一口にいってもいろいろなサイトがあります。

「使ってみたいけど危なくないのかな?」「いろいろありすぎてどこに登録すればいいのかわからない!」といった方も多いのではないでしょうか?実際、残念なことにmanekin(マネキン)、キラキラウォーカー、ポイントGOといった危ないサイトも存在します。

しかしながら、こういった危ないサイトを避けてきちんとしたポイントサイトへ登録し、利用すれば何の問題もありません。危険なサイトを避けることができればいいのです。

危険なサイトを見分けるコツがありますので、そういったものに基づいてポイントサイトを見分けていけば危険なサイトや詐欺的サイトに引っかかることはありません。

実際に、こちらで紹介するコツをもとにポイントサイトを選び、登録して利用してみましたが問題はありませんでした。是非、ポイントサイトの見極めに活かしてください。

 

危ないポイントサイトの見分け方とは?

 

さて、さっそくですがポイントサイトを見分けるコツについてです。

危険なサイトや詐欺的サイトに引っかからないように、これから紹介するところをしっかりとチェックしていきましょう。

 

ポイントサイトの運営年数を確認して詐欺サイトを見極める。

 

まず、運営年数です。

これは、言ってしまえば老舗かどうかということです。5年以上運営が続いているポイントサイトであれば、安心でしょう。もちろん、新しくできたばかりのポイントサイトのすべてが悪いと言っているわけではありません。

新しいところでも安心安全なポイントサイトはあるでしょう。しかしながら、5年以上の老舗のほうが安心なのです。今の時代、危険なサイトや詐欺的サイトというのはすぐに情報が拡散されます。

そのため、一時的に登録者を増やすことができても続かないのです。言ってしまえば、短期間で淘汰されてしまうのです。

5年以上運営が続いているということは、淘汰されることのない真っ当なポイントサイトであることの証であるといってもいいでしょう。5年以上運営が続いているのであれば、すぐにポイントサイトが閉鎖してしまうという可能性もかなり低いと考えられます。

新しいポイントサイトに登録したもののすぐに閉鎖してしまって、頑張ってためたポイントが水の泡・・・となってしまうケースもありますので、老舗であればそういったリスクを回避することもできるのではないでしょうか。

 

ポイントサイトの評判を見て詐欺サイトか見極める。

 

次に、評判です。

先でも触れましたが、今の時代、悪質なポイントサイトというのはすぐに情報が拡散されます。もちろん、ポンイントサイト側もそういった情報を打ち消すようにステマのような形で評判を偽装することもあります。

しかしながら、そういった偽装された評判よりもやはり実際に使ってみた方の評判のほうが多くなります。

最近では実際にポイントサイトに登録してみて、スクリーンショットなどと共に具体的にどういったところが悪質なのかを記事にしているような方も多く見られるようになりました。

まとめサイトなどで悪質なポイントサイトの一覧を作っている方もいます。いろいろな情報をチェックしてみると、悪質なポイントサイトとして名前が挙がっているところがだいたい似通っていることに気付くでしょう。

そういったサイトを避け、評判のいいポイントサイトに登録するようにしましょう。

 

最低換金金額をチェックして危ない詐欺サイトを見分ける。

 

続いて、最低換金額も見分けるポイントになってきます。ポイントサイトというのは、ポイントをためて、それを換金するのが目的です。しかしながら、危険なポイントサイトや詐欺的なポイントサイトというのは換金をさせないように必死で細工をします。

そのひとつが高い最低換金額です。

一般的に優良なポイントサイトと言われているところは、だいたい何百円という単位からの換金が可能となっています。実際に、地道にこつこつポイントをためて、何百円かずつ換金していくという方もいます。

もし、ポイントサイトで10000円から換金可能と高額での換金を謳っているようなところがあれば、そういったポイントサイトは避けるようにしましょう。

最低換金額を高く設定しているポイントサイトというのは、最初はポイントもたまりやすいものです。「これならすぐたまるかも!」と思わせておいて、途中から急激にポイントがたまりにくくなります。

結局、換金できないまま中途半端なポイントだけが残る・・・という状態になります。こうなってくると、もはやポイントサイトの意味をなしていません。

 

入会料がかかるポイントサイトは詐欺サイトの可能性が高い。

 

また、入会料などの料金が発生してくるポイントサイトも避けるようにしましょう。ポイントサイトというのは、基本的に無料で利用できるものです。無料で利用できるのに、ポイントをためて換金できるからこそのポイントサイトです。

無料で入会出来る優良サイトは幾らでもあるのに敢えて有料ポイントサイトに登録するメリットは全くありません。

もちろん、中にはポイントサイトを経由して有料サービスを購入したり、申し込んだりすることによって大量のポイントをゲットできる案件もあります。

しかしながら、それはあくまでもポイントサイトを経由しているだけであって、ポイントサイトにお金を払っているわけではありません。

そのサービスを提供しているところにお金を払っているだけです。基本的にポイントサイトに直接お金を支払うということはありませんので、その点は注意しておきましょう。

入会料だなんだと理由をつけてお金を取ろうとするポイントサイトは危険なポイントサイト、詐欺的なポイントサイトと見て間違いありません。

 

ポイントサイトの運営会社をチェックして詐欺サイトを見極めよう。

 

あとは、そのポイントサイトを運営している会社についてもチェックしておきましょう。

これはポイントサイトに限ったことではないのですが、最近ではそれらしいきちんとしたサイトを用意して、その会社の所在地はでたらめというケースも多くなっています。

オンライン上でのサービスの授受というものが当たり前になり、会社の所在地までは確認しないという方が増え、そこを狙って適当な住所を記載しているところも多いのです。

危険なサイト、詐欺的サイトでは基本的にそのように適当な住所を記載して、足がつかないようにしているのです。

きちんとしたポイントサイトであれば、運営している会社の所在地が記載されているはずですし、その住所も正確なものであるはずです。今の時代は簡単に住所の検索ができますし、場合によってはグーグルマップなどで建物まで確認することができます。

そのポイントサイトの運営会社が本当に存在しているのか、実在している住所なのかをチェックしておきましょう。ちなみに、所在地と合わせて問い合わせ先なども明記されているか確認しておきたいところです。

 

詐欺ポイントサイトに登録しないためにチェックするポイントのまとめ

 

ポイントサイトを見極める上で大切なポイントは以下の5つになります。

 

5年以上運営が続いている

・評判がいいこと

・最低換金額が数百円と低く設定されている

・入会料などが発生しない

・ポイントサイトの運営会社の所在地と問い合わせ先が正しく明記されている

 

この5つのポイントをしっかりとチェックすれば、危険なポイントサイトや詐欺的なポイントサイトには引っかからないはずです。

ポイントサイトとは?危ない?怪しい?ポイントサイトの仕組みを教えます。

 

最近ではポイントサイトについてよく見聞きするようになりました。ポイントサイトに対して、どのようなイメージを抱いていますか?ポイントサイトを利用したことのない方にとっては、「危ない」「怪しい」といったネガティブなイメージがあるかもしれません。

しかしながら、それはポイントサイトについてよくわかっていないからこそのイメージです。ポイントサイトの仕組みを理解すれば、そういったネガティブなイメージも払拭されるでしょう。

ここでは、ポイントサイトについてその仕組みも含めてお伝えしていきます。お読みいただければ、ポイントサイトへのイメージもガラリと変わってくるかと思います。

実際に、ポイントサイトを利用しても危険な思いをすることはありません。安心してください。

 

ポイントサイトとはどのようなものか?

 

まずは、ポイントサイトとはどういうものなのかについてお話ししていきましょう。ポイントサイトというのは無料で登録することができ、そこでポイントをためることができます。

ためたポイントは換金できるというのがポイントサイトの目的でもあり、魅力でもあります。

ポイントは、広告のクリックやメールマガジンに記載されたURLのクリック、ポイントサイト内に掲載されているサービスの購入や申し込み、ポイントサイト内のゲーム、アンケートへの回答といったものを通してためることができます。

事務的にためるのではなく、楽しみながらポイントをためられますし、いつも使っているサービスでもポイントサイトを経由することによってポイントとして還元されるのです。

ポイントサイトでポイントをためるのは本当に簡単です。暇つぶしで利用している方もいますし、ちょっとしたお小遣い稼ぎのために利用している方もいます。

 

ポイントサイトがユーザーに還元されるのは何故?ポイントサイトの仕組み

 

しかしながら、なぜポイントサイトでポイントがたまり、そのポイントを還元することができるのでしょうか?その疑問を解決するために、ポイントサイトの仕組みについて理解していきましょう。

まず伝えておきたいのが、ポイントサイトで換金することによってお金を受け取ることは安全であるということです。無料でもらえるからこそ、余計に不安になる方も多いでしょう。

ただ、ポイントサイトというのは言ってしまえば広告代理サイトなのです。ポイントサイトは、広告で得た利益をユーザーにポイントとして還元しています。

 

ポイントを換金することによってポイントサイトからのお金をもらうことになるのですが、そのお金というのはもともとポイントサイトに広告を出している企業から出る広告報酬、アンケート依頼費などの収益から出ているのです。

ポイントサイトに登録しているユーザーがポイントサイトに掲載されている商品を購入したり、サービスへの申し込みをしたりすると広告成果代金という形でポイントサイトに広告を出している企業からポイントサイトに報酬が出ているのです。

もちろん、このお金の流れというのはポイントサイトに登録しているユーザーからは見えません。

見えないところで発生しているこの収益の一部をポイントとして還元することによって、より多くのユーザーに何度も利用してもらう・・・というのがポイントサイトの狙いといえるでしょう。

ユーザーはポイントサイトがちょっとでもお金になるからこそ、使うわけです。

 

ポイントサイトのビジネススタイル

 

ただ、ポイントサイトに掲載されている商品の購入やサービスの申し込み、アンケートへの回答でポイントがたまるのはわかるものの、無料で提供しているゲームなどはどうなっているのでしょうか?

これも実はポイントサイトが得ている収益によるものです。ポイントサイトとしてはできるだけユーザーを集めたいですし、そのユーザーに毎日ポイントサイトをチェックしてもらいたいのです。

そのためには、ゲームのようなちょっとしたお楽しみ要素が欠かせません。お楽しみ要素のために、収益から無料のゲームといったものでもポイントを付与しているのです。

だからこそ、ゲームで得られるポイントというのは少ないのです。

 

きちんとしたポイントサイトというのはそれこそ何万人というユーザーの管理をおこなっています。これは、運営会社がきちんとしていないとできないことです。

そのサービス内容や口コミ、評判、紹介、提携といったものでユーザーを集めているのですが、特に紹介や提携というのはポイントサイトとしての信頼がないと成り立たないものです。

そう考えれば、安心してポイントサイトを利用できるのではないでしょうか?もちろん、ポイントサイトで受け取る報酬に危険性や違法性といったものはまったくありません。

 

このようにポイントサイトの仕組みがわかれば、ポイントサイトへの不安感というのもなくなってくるでしょう。ポイントサイトの業者の収入源というのは、結局のところ、広告掲載による収益なのです。それをうまく運用して、ポイントサイトを運営しているのです。

 

ポイントサイトには色々な種類、特色がある。

 

さて、ポイントサイトと一口にいってもいろいろなポイントサイトが存在します。差別化を図るために、それぞれのポイントサイトが特色というものを持っています。

例えば、ハピタスなら買い物保証がついていますし、すべてのポイント交換手数料が無料になっています。高いポイント還元率を誇り、300円から交換が可能となっています。

モッピーも有名なポイントサイトですが、モッピーはゲームで稼ぎやすいという特色があります。携帯サイトとパソコンサイトの連動で大きくポイントを稼ぐことができるのも魅力です。フルーツメールというポイントサイトでは、毎日懸賞を楽しむことができます。

メールの受信だけでポイントがたまるというのも特徴的です。

 

他のポイントサイトと少し毛色が違うのは、ファンくるです。飲食店に特化したポイントサイトで、モニター案件などもあり、最大で全額キャッシュバックという魅力もあります。

このようにそれぞれのサイトがそれぞれで特色を出し、競い合っているのです。

 

まとめ

 

ここまで来れば、ポイントサイトに対して不安感を抱くという方はいないでしょう。結局のところ、ポイントサイトというのは広告代理サイトなのです。

広告を載せて、そこにユーザーからのアクションがあれば、収益が発生し、それをユーザーに還元することによってビジネスサイクルを回しているのです。

身近なところで例えると、フリーペーパーのようなものと考えればいいでしょう。フリーペーパーというのは無料ですし、勝手にポストに投函されるものです。

そこにはいろいろな情報が掲載されていますし、お店やサービスの紹介もされています。中には、「フリーペーパーを見た!」で割引してもらえるということもありますし、フリーペーパー自体に割引券やクーポンが掲載されていることもあります。

それとは別に読者限定のプレゼント応募といったものもありますし、読者優先販売といったものもあります。より多くの方の目に触れるものだからこそ広告を載せる価値がありますし、その広告によってフリーペーパーは収益を得ているのです。

それをクーポンやプレゼントといった形で読者に還元しているのです。

アナログかデジタルかという違いで、ポイントサイトとフリーペーパーは基本的に同じようなビジネスモデルなのです。

ハピタスで禁止されていることは?ハピタスの利用規約を読み解いて違反行為を解説します。

ハピタスを利用する上で知っておいて欲しい禁止事項、すでに利用している方でもちゃんと利用規約を読まれた方は少ないのではないでしょうか?

この章では利用規約の中でもユーザーに取って重要になるハピタスの禁止事項を利用規約より抜粋して解説していきます。

ハピタスの利用規約の全文を読む場合はハピタスの利用規約をお読みください。

 

会員定義、利用契約成立

 

  1. 登録手続きは本人が直接行う必要があります。
  2. 弊社が登録の申請を承認すると当サイトの会員として認定され、弊社よりアカウント及びパスワードが発行された時点で、本規約の諸規定に従ったサービスの利用契約が会員と弊社の間に成立し、会員はサービスの利用が可能となります。
  3. 登録には、登録料金は発生しません。
  4. 登録者が、成年被後見人、被保佐人又は被補助人の場合で法定代理人、保佐人又は補助人の許可が無い場合は、登録及びすべてのサービスの利用は無効とさせていただきます。
  5. 登録者が、12歳以下の場合は、登録及びすべてのサービスの利用は無効とさせていただきます。

ハピタスの利用規約

 

 

まずは会員の定義、利用契約について解説していきます。難しく書いてありますので簡単に直していくと

  1. 会員登録は本人のみが出来る。
  2. 会員登録が済むとハピタスの利用規約に同意したとしてサービスを利用できるようになる、
  3. 登録するのに費用はかからない。
  4. 成年非後見人(痴呆症、知的障害、精神障害のある人)が保護者の許可無く登録すする事が出来ない、登録した場合は無効になる。
  5. 12歳以下の子供が登録する事は出来ない。した場合は利用無効になる。

 

この辺に引っかかる人はいないと思いますが、登録した時点で利用規約に同意した事になるのでやはり一度は利用規約を見てみるのをオススメします。

 

(契約の不成立、解除)

 

  1. 弊社は、次の各号に該当する方につきましては登録の申請を承認しない場合があります。
    1. 登録情報を含む登録の申請内容を偽る、または他人の名義を用いて申請を行った場合。
    2. 秩序、慣習を妨げること、または法令に抵触することを目的として申請した場合、もしくはこれらを行った経歴のある場合。
    3. 過去に著作権の侵害行為や誹謗中傷にあたる行為など、本規約に抵触する行為や当サイトの運営における秩序を損なう行為を行った経歴のある場合。
    4. 過去に会員の登録を取り消された経歴のある場合
    5. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢

ハピタスの利用規約

 

次は会員登録を解除される場合の規定になります。

  1. 嘘の情報で登録した場合は登録を解除されます。友人の登録を代わりにやった場合も該当しますので注意が必要です。
  2. イタズラ目的や、犯罪目的で登録した場合は強制退会させられる場合がある。
  3. 過去に犯罪行為や、規約違反を行った事がある場合には登録を解除される場合がある。
  4. 過去に退会処分を受けた人が再登録した場合は登録を解除される場合がある。
  5. 暴力団やその関係者が登録した場合は登録を解除される場合がある。

 

つまり犯罪者や暴力団関係者、過去に違反行為を行った者、それで退会処分にされた人は登録しても強制退会されますよということです。

 

健全にハピタスを利用する分には何も問題無いと思います。

 

 

当サイトのサービス制限及び承認抹消

次はどんな事をするとサービス制限を受けたり承認抹消されるかを解説していきます。

 

  1. 会員が以下の各号に掲げる事項に該当した場合、弊社は第2項に定める措置をとることができるものとします。

    1. 他人の名誉を侵害した場合や不利益、損害などを与えた場合。
    2. 弊社や他人の著作権、知的財産権、肖像権、その他プライバシーや権利などを侵害する行為、誹謗中傷があった場合。
    3. 無断で商行為や宣伝行為などを行った場合。
    4. 運営の妨害、または健全な利用を妨げていると弊社で判断した場合。
    5. 不正アクセス、ハッキング行為や賞品の獲得を目的としてのプログラム改ざんなどが発覚した場合。
    6. スパムメールの送信などで当サイトのイメージを落とした場合。
    7. 異性交際に関する情報を送信した場合
    8. 12ヶ月以上当サイトへのログインがない場合。
    9. 弊社または他人に被害を与えるコンピュータウィルスなどのファイル配布を行った場合。
    10. 当サイトで使用されているプログラムやデータなどを、逆アセンブルや不正ツールの使用などにより解析・改造を行った場合。
    11. 他会員が当サイトを利用する行為を妨害した場合。
    12. 他会員の所有するアカウントを使用した場合や、アカウントの不正利用を行った場合。
    13. 他会員の所有するアカウントやパスワードなどの情報を聞き出す行為を行った場合。
    14. 発生したプログラムの不具合を意図的に利用した場合。
    15. 第8条各項にて定められた内容に反して当サイトの利用を行った場合。
    16. 弊社に対して、弊社の義務外・責任外の事項を強要した場合。
    17. 不正な方法及び当サイトにおける本来の趣旨とは異なった方法により成果などの取得を行った場合。
    18. その他弊社が不適切と判断する行為を行った場合や、本規約に反して当サイトのイメージを落とすなど秩序に反した行為と弊社が判断した場合、または法律・条例及び公序良俗に反する行為に関わるなど適当でないと判断される場合。
  2. 弊社は、前項に該当する会員に対しては、以下の各号に定める措置を会員に断りなく行使することができるものとし、会員として保有していたポイント等の当サイト内通貨またはそれに準ずるアイテムその他の成果などについて会員が被った如何なる不利益についても一切の責任を負わないものとします。

    1. 弊社からの警告メール発行措置。

    2. ポイント等の当サイト内通貨またはそれに準ずるアイテムその他の成果などの全部または一部抹消措置。

    3. 当サイト及びサービスの一部または全ての永久利用停止措置。

    4. その他弊社が適切と判断することのできる措置。

ハピタスの利用規約

 

 

つまりどういうことをすると軽減を受けたり、登録抹消されるかというと

 

  1. 登録している他の会員に対して暴言を吐いたりその会員の評判を落とし、損害が与えた場合。
  2. ハピタスや他人の個人情報を流したり他人に所有権があるものを勝手に流用したりした場合。
  3. ハピタスのサイト上やハピタスの名前を使って関係の無い商売を行ったり宣伝をした場合。
  4. 運営の妨害や健全な利用の妨げとは一例として運営のサポートに何重にも同じ質問を送りつけたり運営者を偽ったり運営との関係を匂わせたり、虚偽の報告をしたりした場合
  5. ハッキングしてポイント数を増やしたり、複数のプログラムで大量にアカウント等作って無料案件を申し込む等の不正行為をした場合
  6. 迷惑メールにハピタスの名前を使ったり友達紹介を不特定多数に送り付ける等をした場合
  7. 他の会員にナンパ行為をした場合
  8. 1年以上ログインをしない場合
  9. ハピタスのサイト上や他の会員ページにウイルスを仕込むような行為をした場合
  10. ハピタスのサイトを不正ツール等を使って解析したり改造したりした場合
  11. サーバに負担をかける等して他の利用者が使いにくくしたり、嘘を流して他人が使わないようにした場合
  12. 自分が登録しているアカウント以外のアカウントでログインした場合
  13. 他人のアカウント情報を入手する行為をした場合
  14. バグ等を利用して故意的に大量にポイントを貯めるような行為をした場合
  15. 契約の不成立、解除の項目に違反している場合
  16. お買い物あんしん補償制度の対象外のものの、ポイント補償を強要したり条件付きの案件(初回限定や本数限定など)等、条件から外れた場合のポイント補償させようとした場合。
  17. プログラム改ざん等をして不正にポイントを習得したり抜け道等、運営が想定外の方法でポイントを取得した場合。
  18. 違法行為やサイト規約に触れるような事をしてしまった場合

上記のような事をしてしまったことが発覚した場合には

  1. 警告メールの発信
  2. ハピタスポイントを一部または全部没収
  3. サービス利用の一部を停止、またはアカウントの永久停止
  4. 退会処分等、ハピタスが自由に設定出来る。

のような処分がなされます。通常利用している場合はどれも引っかかるような事は無いと思います、ただ12か月以上ログインが無い場合はポイントの没収などの処置があり得るという事で注意が必要です。

 

まとめ

今回は利用規約の中で、会員に処分が下る重要な部分だけ抜粋してみました、興味がある方は一度全文読んで見ると良いかもしれません。その中で普通に利用していて引っかかる可能性があるのは

  • 他人のアカウントに勝手に接続する。
  • 12か月以上ログインをしない。

の部分だと思います。家族等のアカウントでも抵触する可能性がありますので本人にログイン等をしてもらってください。また基本的には消されないのでしょうが、放置アカウントの増加でサーバの負担が大きくなった等の理由で12か月以上アカウントを放置しているアカウントの停止や退会処分になる可能性がありますので注意しましょう。