ハピタスのお買い物あんしん補償制度を利用して、本当にあんしんなのか試してみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

ハピタスが他のポイントサイトより優れている点の1つとしてお買い物あんしん補償制度というものがあります。

これはハピタスに掲載されている広告を経由して買い物をしたときにハピタス通帳に記載されない、期限を過ぎても承認にならない等の時にハピタスがこれを保証してくれる制度です。

でも実際のところ、本当に補償されるのでしょうか?補償とは名ばかりで色々と粗をついて結局は補償されないなんて事もあり得ます。本章では管理人が実際にお買い物あんしん補償制度を使ってちゃんと補償されるのかどうか試してみました。

 

お買い物あんしん補償制度とは

 

 

 

 

お買い物あんしん補償とは

ハピタスを経由して『楽天市場』で1万円分購入したけど、購入日から1週間経っても通帳に「判定中」と記載されない…

「判定中」とは記載されたけれど、判定までの期間を過ぎても「有効」にならない…

購入額の1%として100ポイントが獲得できるはずなのに!

そんなとき、獲得できるはずだった100ポイントをハピタスが付与させていただきます。

購入額の1%として100ポイントが獲得できるはずなのに!

そんなとき、獲得できるはずだった100ポイントをハピタスが付与させていただきます。

 

お買い物あんしん補償の中身は2種類

 

通帳記載補償判定期間補償の2種類があります。

 

通帳記載補償とは

商品をハピタスのバナーを経由して購入したにも関わらず、通帳に記載されない場合に適応されます。ブラウザの問題だったり回線の問題だったり色々ありますのが、実際に管理人も複数回通帳に載らなかったことがあります。

経験されたことがある方も多いかと思います。

注意点

通帳記載補償を利用する場合は商品購入後1週間以上経過しないと問い合わせる事が出来ません。

 

判定期間補償とは

 

ハピタスの広告には判定までの目安が下記の画像のように書いてあるのですが、それを過ぎても広告主からの許可が出なかった場合にハピタスが代わりにその分のポイントを肩代わりして付与してくれるという制度です。

 

 

 

注意点

 

注意点としては買い物にのみ適応されるということです。クレジットカードやFX口座の開設の場合は補償の対象外になります。閲覧履歴を指定して問い合わせるのでポイントサイト側で適当な対応をされるような事もなく許可される可能性はかなり高くなるはずです。

ハピタストップ上部の「ショッピングでためる」内にある、以下のカテゴリー内の広告が対応となります。
※ポイント獲得条件が「商品購入」の広告が対象です。

※広告詳細ページ上にあんしん保証のマークがあるものが「お買い物あんしん保証」対象の広告となります。

お買い物をされた際のお客様情報(購入完了メールなど)をご提示いただきます。
あらかじめご用意のうえ、お問い合わせください。

 

実際にハピタスのお買い物あんしん補償制度を使ってみた。

 

実際に管理人が利用する事があったのでそれぞれがどういう流れになるのかを説明していきます。

 

通帳記載補償の場合

 

 

 

お問い合わせフォームよりポイント獲得に関してを選択しお問い合わせはこちらを押して次に進んでいきます。私は何故かいつも「通帳記載補償」はこちらをクリックしてしまってQ&Aのページに飛んでしまいます。

次に注意事項等を確認し、同意してから次に進みます。

 

 

 

 

こちらで問い合わせの種類、今回は利用した広告が通帳に記載されないを選択し購入日から記載されない商品を選びます。ここで表示されない場合はサポートセンターに問い合わせてください。今のとこエドは遭遇したことがないのでどうなるかはちょっと分かりません。。

そしてポイント獲得方法、確認事項、お問い合わせの詳細、ご提示いただく添付資料に関する確認事項、広告利用時に受信されたメールの内容を添付を選択、記入して送信してください。

 

 

 

このような自動返信の確認メールが届きますので必ず確認してください。

 

 

 

その後カスタマーサービスからのメールが届きます。この時は問い合わせした翌日にはカスタマーからメールが届いていました。そして通帳記載がされることもなく一か月以上過ぎて心配になり始めた頃

こんなメールが届きました。さっそく通帳を確認してみると

 

 

 

しっかりと記載されていました。

記載日と確定日が一緒になっているので通帳に記載をしてくれるわけでは無いみたいです。記載の補償というか記載されなかったポイントの補償をしてくれる感じになります。

問い合わせが11月初めにして12月28日にポイントが付与されたので2か月ちょっとかかりました。3か月ほど待つ事もあるとメールに書いてあったので予定内ではあるみたいです。

補償してもらえるとはいえ、かなりの期間待つ必要があるので出来れば利用する事の無いようにしたいです。

 

判定期間補償の場合

 

確定予定日を過ぎたので通帳記載補償と同様に問い合わせフォームから必要事項を入力して送信します。確定日を過ぎないとそもそも選択することすら出来ませんので注意してください。あと、みんなdeポイントの場合は確定予定日+30日立たないと問い合わせすることが出来ません。

 

 

 

そして問い合わせをすると

 

 

 

このような自動返信がきます。こちらの方は問い合わせ番号等の記載はありません。そして翌日には

 

 

 

もう反映されていました。わずか2日でポイントが確定してしまいました。判定期間補償を使ったのはこれ1回きりなので常にこのくらいの速度で反映してもらえるのかは分かりませんが、あまり待たずにポイント付与されるようでず。

 

まとめ

 

今回は実際にハピタスの2つの補償制度を実際に使ってみました。名前だけの制度で実際には何も保証されないのではないかという疑問が見事に解決された形になりました。ハピタスのお買い物あんしん補償制度はしっかりと補償されることが分かりました。

ただし、お買い物あんしん補償制度で補償されるのはショッピング等で、名前の通りお買い物したものだけが対象になり、FX口座開設や、クレジットカード作成は対象外となっていますので注意が必要です。

あなたもハピタスを使って生活にHAPPI+を。

あなたもハピタスを使ってもっとお得でハッピーな生活を送りませんか?登録して楽天市場や、ヤフーショッピング等の有名通販サイトをいつも通り使うと、そのサイトポイントとハピタスポイントの両方のポイントを2重取りする事が可能となります。

いきなり登録するのは不安な方も多いと思います。登録する前にどのようなサイトなのか、一度ご自身の目で確認をしてみてください。

今ならこのサイトから登録して頂くと最大1030ポイント(1030円分)が貰えます。登録していない方は是非登録してみてください。


ハピタスのサイトに飛ぶにはこちら

SNSでもご購読できます。